東京の福祉のことなど

東京都は日本全国の都道府県の中でももっとも福祉が充実した地域の一つです。
高齢者の介護を専門にする会社なども他の都道府県と比べてもその数は少なくありません。
なぜそれほどに東京都には高齢者の介護を専門にする会社が多いのかといえば、それは住んでいる人の数が全国的に見ても非常に多い土地だからです。
人の数が多いということはそこに住んでいる働く人の数も多いということです。
それだけ福祉に関係する仕事する仕事を行う人が多くなるということも意味しています。
そればかりではなく住んでいる人が多いということは、そこに住んでいる高齢者の数も多いということを同時に意味しています。
高齢者の数が多いということはそれだけ介護を必要としている人の数も多いということを意味しています。
ですから東京都は介護を必要とする人も、そうした仕事を支える人の数もどちらも多いことが、全国でも有数の福祉の充実した環境を実現できているといえます。